時間



先日
30年前に出会い
ここ20年会ってなかった人と会った。

久しぶりに会って
昔話に花が咲いたり
共通の友人の近況を教えあったり
忘れてたことを思い出したり
逆に、思い出させたり
怒られたり(笑)
謝ったり
更に、謝ったり(爆)

今は2児のママになり
幸せそうな彼女を見て
心の底から、嬉しかったし
本当に良かったな、って、安心した。

20年も会ってないと
お互いに、20年前で時間が止まってて
彼女にとったら
俺は今でも「やんちゃ坊主」らしい。
この20年でいろいろ経験し
この20年で少しは成長したと思ってたけど
そう言われてみれば
確かにあんまり変わってないかもしれない。

20数年前、ふたりでバイトしてた新宿で
ほんの2時間くらい食事をして
たわいもない会話で終始したけど
新宿の街が、一瞬、そのころに戻った気がした。

「次会うのは、おじいちゃん、おばぁちゃんかね?」なんて
ほぼ間違いない、冗談を言って別れたけど
もしそうなったら、素敵だな、って思った。

ビール1杯に、芋焼酎水割り3杯
俺にとっちゃ、たいしたことない量なのに
ほぼ出来上がっちゃって
帰りの電車で意識を無くしたのは
部屋の片付けの疲れだけではなかったんだろうな。

ノグチアツシ@ハートランド

昨日、実はノグチアツシのライブを見るため
空路、松江へ・・・

米子空港からバスで松江駅へ



何気なく撮った写真だけど
これ、昭和何年?って雰囲気じゃない?
久しぶりに松江に来たけど
な〜〜〜んも変わってなくて
逆にホッとした。

腹が減ったので
なんか松江っぽいものと探したけど
しじみ?・・・くらいしか思いつかず
あきらめて、ラーメン屋へ



「コクタンチャーシュー麺」
旨かったけど、よく見たら神戸のラーメン屋だった。

てなわけで、ライブハウスへ



ここは、普段は、フォーク酒場なんだそう。
雰囲気は、バー。

あっちゃんには何にも知らせてなかったので
店に入ると、そりゃもうびっくり仰天!
ま、なんで来ようと思ったかというと
前回の広島での桃一のライブに
あっちゃんがサプライズで来てくれて感激したので
そりゃもう、行くしかないだろう!ってことで
まり子姉さんに次ぐ、サプライズシリーズとなったわけ。

でもってライブスタート



いやね、あっちゃんの歌、いいのよ。
去年の頓原でのライブで初めて一緒にやったんだけど
その時からのファンな俺。

歌詞の世界に、ある統一感があって
そのテーマが僕にはツボになってる。
僕が肉体系イケイケだとすると
あっちゃんは、抱擁系でハートフル。

わかんない?
えっと、でも実は、俺とテーマは似てて
言い方っていうか、表現が違うんだけど
例えば、俺だったら「これでいいのだ!」で
あっちゃんは「これでいいんだよ。」な感じ。
わかる?

お客さんの気持ちをじわっと掴むのが
本当にうまいんだよな〜。

8月に、頓原と松江で一緒にライブやるので
今からとっても楽しみなのだ!

てなわけで、8月にライブやるお店で
ご挨拶をかねて、打ち上げ・・・



あっちゃんと、俺。

ここで、雰囲気的にセッションタイムへ。
楽しい打ち上げとなりました。

あっちゃん、おつかれ!
いい出会いに感謝です!
今から、8月が楽しみ〜〜〜!

では、わたくし
これからまっすぐ南下して
しまなみ街道への旅へ出発・・・

桃一@ペーニャ

桃一ライブ@ペーニャ
お越しいただいたみなさま
ありがとうございました。

ものすごい雨&風
そんな中、予想以上にたくさんの方に
足を運んでいただきました。

ペーニャは本当にお客さんが近い。
緊張はしないけど、みんなの視線が強いぶん
曲や演奏や歌に集中しないと負けてしまう。

ステージに立つということは
それだけで非日常だ。
その非日常の空間で
いかに自分の力を出し切るか・・・
そこが勝負になってくる。(勝ち負けじゃないけど。)

そういう意味で
ペーニャのステージは、リングだと思う。

ギターインストと、ピアノ叩き語りのコラボ
はっきり言って、音楽的に交わるところは無さそう。
でも、空気感とか、景色とか、温度、匂いなど
そういう表現という意味では、全く同じだと思う。

ジャンルとか
ルールとか
先入観とか
全く関係ないね。

ただの対バンではなく
ただの寄せ集めイベントではなく
ただのゲスト出演ではなく
ただのサポートでもない。

本当の意味でのコラボ
本当の意味での化学反応

今回
「丸山ももたろう&夏目一朗ライブ」ではなく
「桃一」という名前にした意味が、ここにあります。



今日も楽しかったなぁ・・・
次はどんなになるんだろ・・・
楽しみだなぁ。


最後に・・・
ペーニャの大作ちゃん
ありがとね。
また、お世話になります。

写真は、熱唱中のももちゃん(本番中)



あ、今回、2部〜アンコールを配信したんだけど
アーカイブを間違って消してしまって
今は見ることができません。

申し訳ない!
ま、それもライブということで・・・

雨、雨、雨・・・



雨男はわかってんねん。
ソロライブはほぼ雨やないねん。
桃一ライブ雨率、ただいま100%。

ももちゃん・・・

この雨の中、お客さんは来てくれるのだろうか・・・
心配だなぁ・・・

ま、ライブ自体は、いいものになる予感。
なので・・・
是非是非、みなさん、お越しください!!!

桃一@パラダイスカフェ

ももちゃんとのコラボユニット

「桃一」

無事初日を終えることが出来ました。

未知数のユニットにもかかわらず
たくさんのお客さんに来ていただきました。
ありがとうございました。


おもしろいねぇ〜。
いや、このおもしろいというのは
笑えるおもしろさというだけではなく
よく言う言い方で、「化学反応」
単純なコラボというだけではなく
お互いの曲が1+1=2ではなく
何倍にも変化するというか・・・
とにかく、いい意味での「セッション感」が良かった。

ももちゃんとの付き合いも
おおよそ20年近くになる。

昨日の打ち上げでも話したのだけれども
仕事の現場でのセッションや
pig innとのセッション
いわゆるギタリストとピアニスト的なのはあったけど
お互いの音楽性を掛け合わせるセッションは無かった。
初めてお互いの音楽性をぶつけ合うことで
おおげさに言うと
なんのために20年ちかくも公私にわたり付き合ってきたか
その答えが出たように思う。

その雰囲気がお客さんにも伝わったなら
成功だったと思います。

これから大阪、広島、仙台、郡山、そして東京と
このセッションは続きます。

どんな化学反応を見せてくれるか・・・
当然、会場ごとに変わると思うので
今はそれが楽しみでならない。


ラストスパート!

千春さんのレコーディング
いよいよ大詰め!

今日入れて、あと4日
この1ヶ月、怒涛でした。

ここ何日かは
ボーカルトラックに付きっきり

ある日の晩御飯は
贅沢にも、叙々苑の焼肉弁当



ある日の晩御飯は
夏目お手製のぶっ掛けそうめん&カツとじ



あ、ワインは見なかったことに・・・

ある日の晩飯は
わがマネージャーのお得意
宇都宮ギョーザ



恒例ですな。

ある日は
ゲンキの某女史とこの犬
茶々丸と戯れ・・・



ま、戯れてるのは
犬嫌いを克服した祐二ですが・・・

そして
最終のトラックダウンに突入したのです。



今日は
古川君アレンジもののチェック日



いい感じに仕上がりました。
さすがです。
やります、この男は。
素晴らしいミュージシャンです。

性格も、雰囲気も、人間としての種別も
全く違うこのふたり
でも、いいコンビネーションで作業できました。

ま、お互い、酒好きなのが唯一同じ・・・



んなわけで
明日は、厚生年金会館ファイナル。

この空気感のまま
いい演奏をしたいと思います。

やっぱり禁酒!

広島からの帰り
血液検査の結果説明と
歯の治療のため名古屋へ

して、これが証拠



ん〜確かに
γGTPは275となってるなぁ・・・

河合さんからメールをもらい
「俺の最高値は280!」
などという、酒飲みの勲章をいただき
おまけに
「やっと本物の酒飲みになったな!」
などどいう、お褒めの言葉をいただき・・・

俺、河合さんの5分の1くらいやぞ、酒の量。

実はここが問題らしく
酒を飲んでるから数値が上がる・・・
だったら、休刊日を作ればいいだけのことなんだけど
もし、酒だけの影響じゃなかったら・・・
これが恐いらしい。

だから、1ヶ月くらい酒を抜いて
それでまた血液検査をし
その結果次第、ということらしい。

そのための禁酒。

はい、我慢します・・・

んでもって
夜は、長谷川先生とお食事
今池の「時代屋」というお洒落な串かつ屋



カウンターだけのお店だけど
コースしかなく
しかも
止めるまで永遠と出てくるコース。

おいしいし
お洒落だし
雰囲気いいし
さすが、先生
女子の喜びそうなとこ知ってます。

ま、40台男ふたりで食いましたが
何か??

そのあと
「酒飲めないけど、ちょっと行く?」
ってことで
先生お勧めのライブハウスへ。

ま、写真は無いですが
ここがすごいとこだった。

ライブハウスというか
ハコバンハウスというか
いや
バンドじゃなく、ひとりだから
ハコバンじゃないな・・・

なんせ
打ち込みのカラオケと
シンセかギターの生演奏を加えた
とっても器用なおじさんが
確実に40歳以上をターゲットにした曲を演奏
または、お客さんに歌ってもらうという
いわゆる「フォーク酒場」と「ケントス」と「歌声喫茶」
そして「カラオケパブ」を足したような店。

んでもって
夏目一朗、久しぶりに見ました。
「ダンシングクイーン」の生演奏に合わせて
濃厚な抱擁&激しいダンスをする熟年カップルを・・・

さすが先生
女子の喜びそうなとこ知ってます。
・・・って、違うか!

結論は
「酒飲まないで来ちゃだめだね。」でした。




明日は、いつもの和泉食堂で昼飯食って
久しぶりに東京に戻ります。
そのために近くのホテルにしたもんね。

てか
最近、ツアー仕事以外で旅してます。
なんか、そんな旅が楽しい。

そうそう
軽く告知を・・・

前回の名古屋ソロライブで言いましたが
「こないだはごめんねライブinパラカフェ」
の日にちが決まりました。

2月26日(金)今池パラダイスカフェ
詳細は後日発表しますが
宣言したとおり・・・
「無料ライブ」となっております。
ま、お店のシステム上
テーブルチャージ500円と2オーダーはお願いしますが
ミュージックチャージは「タダ」です。
しかも・・・
この前来てくれた人だけでなく
どちらさまも「ミュージックチャージ無料」です。

この機会に、是非生夏目の「ごめんね」を聞きに来て下さい!

原爆資料館

高速船で大好きな瀬戸内海を渡り



着いたら路面電車で移動



原爆資料館到着



大人50円也の入館料を払い
数十年ぶりの資料館へ



昔と違うのは
見学者の半分くらいが
外国人だということ。

これは嬉しかった。
皆、真剣に資料に見入り
ウォークマンタイプのガイド機械を片手に
ひとつひとつ丁寧に見学していた。

以前来たときよりも
展示がソフトになってるのは気のせいか?
あと、アジア近隣諸国に配慮してるのか
「中には強制労働で連れて来られた韓国人や・・・」
などの記述が多い。



もちろん
バシャバシャと写真を撮る感じでもなく
淡々と展示を見学した。

しかし
この「黒い雨」だけは写真に収めたかった。



黒い雨・・・

ある民家の応接間の壁裏に残っていた黒い雨の跡
(白壁に上から墨滴を流したような黒い線)

直接の爆風や爆炎で死亡した人はもとより
全く影響を受けず元気だった人が
救援や救護で来て、死んでいったひとが多く
その原因が、この「黒い雨」だった。

この黒い雨は、まさに放射性降下物であり
この黒い雨に打たれたり
この黒い雨が汚染した水を飲んだりしたことが
原爆被災後の被爆を拡大させたのは間違いない。



なんだろね
見学したあと
「うん!戦争はだめだ!原爆なんて必要ない!」
そうシンプルに思えるような気持ちではなかった。

もちろん、そう思っているけど
そんな気持ちを凌駕するほど
なんていうか、虚無感というか
やるせない気持ちだけが残ったのはなぜだろう?

人間の性というのか
カルマとでもいうのか
人間を作ったのが神だとすれば
神は本当に罪なものを作ったと思う。

神は
「あ、失敗した!」と思っているのだろうか?
「ふふ、計算済み!」とでも思っているのだろうか?

たかだか7,80年の寿命の生き物が
たまたま一度に沢山消えただけのこと。
原爆被災を現象だけで捉えれば
たったそれだけのことでしかないはずなのに
このどうしようもない悲しみは何だろう?
このどうしようもない怒りは何だろう?
このどうしようもない絶望はなんだろう?



施設内の売店で
学校向け、家庭向けの写真集を買った。
日本語と英語の2種類。

僕にできることは
出会った子供たちに
出会った外国人に
機会があればこの事実を
淡々と
そう
淡々と伝えること。



ヒステリックではなく
メランコリックではなく
淡々と・・・

八川大明神

今日は松山滞在最終日
ちょっと遅い昼飯を食いながら
両親と会話

その中で親父から
「今治の大島に八川大明神があるんじゃが。」
「失うなったもんが、出てくる神様なんやが。」
「いっつも拝みよんよ。」
そんな話が出た。

なんでも
「うせものの神様」と言われていて
拝むとなくなったものが出てくるらしい。
親父は何度も見つけてもらってるんで
いつかお礼に行きたいという。

以前、新居浜の大島だと聞いて行ったら
そこには無くて、がっかりして帰ったらしく
(日本中に大島はあるし、瀬戸内海にもいくつかある。)
どうしても行きたいから
3月くらいに行くつもりだという。

「ほんなら、今から行く?」
「いやいや、お前免許持ってないけん、いかん!」
「あ、あほな、もっとるわ!」
「見せてみいや!」

片目が見えなくなって、免許が無くなったと思ってたらしい。

かくして
「あと10分で準備して!行くよ!」
と、急に行くことになった。
たかだか1時間ちょいだし
暗くなる前には戻れるし
何より、俺も大島には行っておきたかったんで
半ば強引に両親を連れて行くことになった。

うちからすぐのところから
県道で今治方面に向かう道があり
あとは来島大橋まで一直線。

やっぱ、この橋はすばらしい!!


(ちなみに、この写真は行きではなく帰りのもの)

だいたいの予想をつけて行き
近くで島の人にきくと
それはそれは丁寧に教えてくれた。

最後は、車を置いて
歩いてちょっと坂を上るんだけど
そこでも島のおじさんが案内してくれた。

ほんとに、島の人は温かい・・・

で、到着!



小さな祠みたいな感じ。
なんでもその昔、八川さんという人がこの地に来て
ここで強盗に襲われて殺された。
それを不憫に思って島の人がここに奉って
それから、なぜだか、失せものが出てくるご利益が始まったらしい。

親父は、うちに奉ってあるお手製の御札を持ってきてて
それを何度も祠に擦り付けていた。

本当は、お礼の品としてお酒を持ってくるはずだったけど
途中で買うことが出来なかったんで
親父は1000円を賽銭箱に入れ
「これで飲んでください。」と言ってた(笑)

そのあと、ちょっと島を車で走り
島の様子をリサーチ!

途中、うっとりする景色に出会い、思わずパチリ!



瀬戸内はええなぁ・・・
瀬戸内は素晴らしい・・・



ここ・・・
ええなぁ・・・



ええなぁ・・・



それからまた来た道を引き返し
道中、さんざん昔話やバカ話をして
市内の中華屋さんで夕食。

「行けてよかったなぁ。中華もうまいなぁ。」

そう何度もいう親父を見て
俺も嬉しかった。
お袋も、久しぶりの遠出が嬉しかったらしく
食欲も出て、たくさんご飯を食べてた。



明日は離松。
こんなに喜んでくれるんだったら
また、いろんなとこ、連れて行ってあげたいよ。

クラス会を終えて

1次会
全日空ホテル松山の宴会場にて
中華&ワインで盛り上がり

2次会
大街道シダックスにて
カラオケ交え〜の、語り〜の。

おまけ
かもとり権兵衛にて肉うどんシメ

ただいま帰りました。


んでもって
今日の結論




ミュージシャンが
一番デタラメなんだと
今まで自信を持ってた(笑)けど

いやいや
負けました。



素人さんが一番恐い・・・



リアル「Sex and the city」あり〜の
リアル「金曜日の妻たちへ」あり〜の


素人さんのほうが
本当に刺激的な毎日を
送られているのですね。

ビックリですな。





明日は
俺に「Beatles」を教えてくれて
俺をこの道に導いてくれた
扇谷の墓参りに行ってきます。





それにしても・・・
ん〜〜〜
モバゲーかぁ・・・

ん〜〜〜〜〜〜〜


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM